Q1 防犯協会は、どのような団体ですか?

 防犯協会は、地域の住民の方々や企業、事業所等の防犯委員によって自主的に組織されたもので、各地域ごとに地域の実情に応じた活動を行っております。
現在、府下には各警察署ごとに65の地区防犯協(議)会があり、その組織は、協会ごとで若干の差異はあるものの概ね次のようになっています。


新チャート図

府下の防犯委員は、約10万人(平成21年12月末現在)です。
  このうち、防犯センターは  約13,000カ所
       防犯相談所は   約82,000カ所
       暴力排除連絡所は 約6,400カ所
となっています。
防犯相談センターは、概ね町会、自治会ごとに設けられ、防犯委員としての活動の他、地域内の防犯相談所、暴力排除連絡所との連絡や取りまとめ、警察や関係機関への連絡などを行っています。
防犯相談所は、概ね隣保単位に設けられており、地域における生活の安全を高めるための活動や安全に関する各種の情報を提供する等の活動を行っています。
暴力排除連絡所は、暴力団を中心に、地域からあらゆる暴力を排除することを目的に、繁華街、駅前、暴力団の事務所周辺に設けられています。地域における「3 ない運動」(暴力団を恐れない・暴力団に金を出さない・暴力団を利用しない)の実践や地域住民への暴力排除意識の啓発など、暴力排除活動の推進役です。



公益社団法人  大阪府防犯協会連合会