Q3 ドロボーの被害に遭わないよう、どんな事に気をつけたらよいですか?

                                                                      

 場所ごとに、次のポイントに気をつけてください。

場所別 ポイント
玄関(ドア)
主錠は、不正な解錠に強い(ピッキング、カム送り、サムターン回し 等に十分な対策が施された)錠を取り付ける。
付本締錠などの補助錠を取り付け、ワンドア・ツーロックとする。
スコープや用心グサリを取り付ける。
ガードプレートを取り付ける。
飾り窓は、破られても手の入らないように丈夫な格子などで防護する。
防犯ベルを取り付ける。
玄関
(引違い戸)
片方の戸は、常時固定しておき、出入口には、一方だけを使うようにする。
開閉する戸には、戸と柱を締め付ける働きをする内外締りシリンダー鎌錠を取り付ける。
引違い戸の召し合わせかまち(重なる部分)に、両面ネジ締り錠を取り付ける。
防犯ベルを取り付ける。
勝手口
玄関の場合と同様、丈夫な錠前を正しく取り付ける。
防犯ベルを取り付ける。
できる限り防犯ガラスにする。
木枠のガラス窓には、ネジ込み錠のほかに補助錠を工夫して補強する。
サッシ枠の窓には、カギ付きクレセント錠のほか、補助錠で補強する。
戸をはずされないように雨戸外れ止め金具を取り付ける。
風呂場、洗面所、便所の窓には、丈夫な格子等で補強する。
防犯ベルを取り付ける。
家の周辺
夜は、玄関灯、門灯等で外部を明るくしておく。
足場に利用されやすい物は片付けておく。
凶器として使用されやすい物は放置しておかない。



公益社団法人 大阪府防犯協会連合会