Q13 子どもたちを犯罪から守るためにはどうしたらいいでしょうか

 小学生に対する強制わいせつ・声かけ事案多発
  ※強制わいせつ全国最多

発生の多い時間帯
         午後2時から午後7時(午後4時台がピーク)
発生の多い場所
         道路上、共同住宅、公園
被害に遭いやすい状況
         下校途中、遊び中
被害に遭いやすい時の人数
         ひとりでいるとき
           
               マンションの死角に注意            
  
外から見えなくて・誰でも入れる場所は犯行しやすい場所〜
 
   ・駐輪場・駐車場   ・非常階段・踊り場   ・エレベータ-・通路

          〜子どもだけで留守番している家が狙われている〜 

大阪府内では、平成17年以降、学校の長期休暇期間中に留守番中の女子小中学生を狙って、水道や工事業者等を装って、玄関の鍵を開けさせ、わいせつな行為を行う事案が発生しています。 
 
                         



 ●

      〜子どもたちを犯罪から守るために

被害にあわないためには

○家にいる時でも必ず玄関の鍵をかける。
○知らない人が訪ねてきても、絶対に玄関をあけない。親のいる時に来るように言って断る。
○不審に思えば、必ず110番通報する。

 ●
   

五つの約束 
 
〜子どもさんに指導しましょう・守らせましょう〜 
  
@一人で遊びません。
A知らない人について行きません。
B連れて行かれそうになったら大きな声を出します。 
C誰とどこで遊ぶ、いつ帰るかを言ってから出かけます。
Dお友だちが連れていかれそうになったら、すぐに大人の人に知らせます。
  


防犯ブザーは効果絶大

○いつでも鳴らせる状態にしておくことが大切である。
○すぐに使用できる場所(ランドセルの肩ベルト等)に取り付けましょう。
○日頃から音が出るか確認しましょう。
○防犯ブザー等を活用した防犯訓練を行いましょう。
                                   
                    子どもイラスト子どもイラスト  守ろうよ 子どもと安全 まちぐるみ





公益社団法人 大阪府防犯協会連合会