[II]大阪府防犯モデル駐車場登録制度>3.大阪府防犯モデル駐車場審査基準
大阪府防犯駐車場審査基準
地下・屋内駐車場の場合
項 目 基  準 区分
(1) 構造

 ・ 出入口は、道路や管理人室等から見通しが確保されていること。見通しが悪い場合はカメラの設置により見通しを補完すること。

□ 必須

 ・ 可能な限り、柱、壁などが死角にならないような構造のものとし、死角となる場所には、ミラー等が設置されていること。

□ 必須
(2) 管理者

 ・ 管理者が常駐若しくは巡回していること。

□ 推奨
(3) 防犯カメラ

 ・ 防犯カメラが設置されていること。

※ 設置する防犯カメラの性能、機能及び台数は、駐車場の規模、管理体制等に応じたものであること。

※ 車の出入りが可能な出入口には、それぞれ出口に向かう車のナンバーと運転者が確認できる位置に防犯カメラが設置されていること。

□ 必須

 ・ 防犯カメラには、モニター及び記録装置が装備されていること。

□ 必須
(4) 出入口ゲート

 ・ 出入口に自動ゲート管理システム(ロボットゲート)等が設置されていること。

□ 推奨
(5) 照明設備

 ・ 駐車の用に供する部分の床面において、2ルクス以上の照度が確保されていること。

□ 必須

 ・ 車路の路面において10ルクス以上の照度が確保されていること。

□ 必須

※推奨とは、可能であればを意味する。


<前へ 次へ>


社団法人 大阪府防犯協会連合会